塾を低資金で開業する方法|初心者でもオーナーになれる

データの管理が容易である

レジ

個人経営のお店でも、POSレジシステムを導入するケースが増えています。POSレジシステムは、情報を管理することが出来るので、客層や購入時の天候などまでも記録に残す事が可能です。レンタル業者も存在するので、費用を抑えたい場合には最適です。

訪日外国人の増加

ビジネス

インバウンドとは海外から日本にやってくる外国人観光客のことで、それに伴う需要をインバウンド需要といいます。宿泊や観光、土産物や飲食店など外国人が訪れることで売り上げが伸びているところが沢山あります。特に宿泊施設は不足している為、民泊などに乗り出す企業や個人が増えています。

スーパーをスリムにしたい

タブレット

スーパーやコンビニのレジを、最近タブレット化するところが増えています。タブレットのレジのメリットはスペースを取らないこと、取扱方法が容易なこと、在庫や顧客情報、勤怠管理など様々なことが可能なことです。導入費用は、タブレットは数万円程度で他にレジ専用アプリの月額料金程度です。

できない子の味方になれる

先生と生徒

最低限のものでスタート可

特別な資格は必要としませんので誰でも今すぐ塾を開業することができます。塾を開業するために必要なものは、塾を開く教室スペースや机などの備品、看板などです。自宅の一部屋で塾を開業するのであれば、家賃掛からないので、開業に際して費用を抑えることができます。また、看板などは特別に設置せず開業することも可能です。しかし、ここで一番問題になるのが、生徒集めです。そう、どのように集客するのかが一番問題になります。代表的な例ですと、近隣のご家庭に塾の開業を知らせるチラシを配ります。その際、塾のチラシの原稿は自分で作成するのが良いです。開業する塾の売りとなるポイントをしっかりと抑えたチラシを作成します。そもそも、個人経営の塾にすがりたい親心としては、やはり勉強に躓いているお子さんを抱えた悩みを解決したいという点があると思います。自分ひとりでも勉強がぐんぐんできて上位校を狙うようなお子さんは、あなたの開業する塾にくるでしょうか、答えはNOです。そういったお子さんはやはり大手の学習塾に通っているはずです。個人の小規模な形に惹かれるケースでは学習面に少し心配のあるお子さんが多いのではないでしょうか。その辺の事情がわかっていれば、チラシ一枚で親心をつかむことも難しくなく、安定した生徒集めが実現します。それぞれの学習ペースに合わせて丁寧に指導する旨を記載しておけば、親御さんは安心してお子さんを預からせてくれるでしょう。

Copyright © 2017 塾を低資金で開業する方法|初心者でもオーナーになれる All Rights Reserved.