最新記事一覧

生きた英語を学ぶ

女生徒

スキルアップに役立つ英語

日本の義務教育では、中学から高校までの長い期間、英語を学びますが、実際に通じる英会話ができる人は少ないのが現実です。最近では、小学校の早い段階から、英語教育が始まっている傾向がありますが、文法の理解と会話の取得を両立させることは大変難しいようです。また、最近では翻訳アプリが充実しており、「英会話ができなくても大丈夫なのでは」と言う人も見受けられます。確かに、翻訳アプリなどの力を借りれば、海外旅行での観光案内といった、基本的な日常会話は十分賄えるかもしれません。そういった現状を踏まえると、この先「専門的な英語」や「会議で外国人と十分に渡り合うことができる英語」が必要になってくることが考えられます。東京や大阪といった大都市には、大きな企業が集中していることから、国際的に活躍できる人材を求めている傾向があります。そのため、東京や大阪には多くの英会話スクールがあり、学生から社会人まで、多くの人が通って勉強しています。たくさんの中から、英会話スクールを選ぶときに大切なことは、自分が話したい分野の英語が学べるかを見極めることです。例えば、大阪には国際線がある空港や港があり、外国人観光客が多く訪れるため、観光分野の就職を考える学生がたくさんいます。このような学生の場合、大阪の観光について英語で訓練できるスクールや、卒業生に観光関係の就職をした人が多いスクールを選ぶと大変役に立ちます。文法だけでなく、英会話スクールで実際に役立つ英語を学ぶと、就職や昇進のプラスになりスキルアップが目指せます。外国人教師との訓練によって、通じる英会話を鍛えることは、英会話をより楽しくしてくれることでしょう。