塾を低資金で開業する方法|初心者でもオーナーになれる

訪日外国人の増加

ビジネス

外国人向けの宿泊や観光

最近ニュースなどでインバウンドという言葉が盛んに使われるようになりました。インバウンドとは海外から訪れる外国人観光客の事をいいます。日本を訪れる海外の人が増えたことで宿泊施設だけではなく観光地や遊園地、飲食店、土産物屋など様々な分野の売り上げが伸びています。東京オリンピックが開催される為、海外から訪れる人はこれから先も増えていくだろうと予想されています。外国人観光客が興味を持つようなイベントを開いたり、英語ができるスタッフを増やしてインバウンド需要を取り込もうと考える企業も増えています。以前はよく知られている観光地に人が訪れることが多かったのですが、観光客がSNSで景色や体験した事、食べ物などを発信することが増えたため余り知られていなかった観光地にも人が訪れるようになり、工夫しだいでインバウンド需要を取り込める時代になってきました。特に宿泊施設の不足は問題になっており、ラブホテルを通常のホテルに改装して宿泊施設にしたり、一般の住宅に観光客を宿泊させる民泊を始める人も増えてきました。ラブホテルは内装が凝っている為外国人観光客に大変人気があります。また民泊はマンションなどの空き室対策にも効果がある為、賃貸を民泊専用マンションにしたり民泊用に賃貸マンションを新たに購入する企業もあります。それと共に民泊をサポートする会社も増えてきました。宿泊予約や鍵の受け渡し、清掃などを代行する会社で、利用すれば民泊の運営が簡単になります。

Copyright © 2017 塾を低資金で開業する方法|初心者でもオーナーになれる All Rights Reserved.